の祭典行事のご案内
  5月〜7月
日常生活で知らず知らずのうちについた心身の穢れを取り去
るお祓いの神事で、穢れを移す身代わりとして人形の形代が
用いられるところから「人形祭」の別名をもちます。
この日、参道には大きな茅の輪が作られ、参詣者はこの輪を
くぐり神前に詣でます。これは茅に疫気を除く魔よけの霊気
があるという信仰によるものです。
当日は、献灯された130基の行灯が、情緒豊かに参道を彩り
ます。




夏越の大祓・人形祭(7月30日)

5月3日の憲法記念日、5月4日のみどりの日、5月5日のこどもの日、
7月16日の海の日には、国旗を掲げ、家族みんなでお祝いしましょう。
※出張祭典のお申し込みもお気軽にどうぞ!
※遠方よりご祈祷を希望される場合は、祈願趣意と住所・氏名を
 ご連絡いただければご祈祷の上、神符を郵送いたします。
 誰が決めたわけではありませんが、ずっと昔からわたしたちは、
人生の節目に神社にお参りする習慣があります。気のつかないと
ころで神さまとの出会いがあり、交流があるわけです。人生の節目
には、いつも新しい門出の時でもあります。そんな時には、必ず鎮
守の森の霊気にふれ、神さまに会いに行くのですね。考えてみれば
不思議なことです…。
 種々のご祈祷は、鎮守八幡神社で…
【鎮守の森から】